kyoukokukenbunshi’s diary

狂国見聞史 生きづらい世の中に対して感じたことを書きます

事故に対する心理

福島第一原子力発電所の事故によって大量の汚染水が溜まっているが、それを日本政府は海洋放出すると決めた。

 

福島の漁師の方が怒っている映像がニュースで流れていた。風評被害の抑制に努めると政治家は言うが、漁師の人にとっても魚を食べる私たちにとっても実害である。

 

けれども、コロナは怖がらないといけないことになっているが、放射能は怖がってはいけないという表向きの「社交辞令」がある。

 

正しく怖がるという言葉もなんだかおかしいのだが、原発事故もコロナウィルスも、それらを巡って人々を対立させ、孤立させる材料となってしまった。

 

私たちはこれから、何を信じて何を発言していけば良いのか、全くわからない世界に放り込まれてしまったのである。

 

人が信じることは、その対象に対する恐怖や愛がはっきり現れる。ネットの世界ではみんな自分の負の感情を素直に出しがちなのは、スマートフォンやパソコンといった機械を手にすることで、日記を書く感覚で気持ちを吐露し、すっきりすることができるからでもある。

 

炎上したり攻撃を受けたりもするから怖い媒体をみんなで使うようになったのであるが、人に対する限りない優しさに触れることもあるから、不思議なものである。

 

ところで、人は自分にないものを気にして前に進めないことが生活するうえで苦しみになってしまう。ネット上で他の人がちょっとでも自分よりも良い暮らしをしているように見えると、とたんに自己嫌悪に陥ってしまうことがある。

 

そこで辛い気持ちを発散させるためにコンビニに行って普段は買わないお菓子や飲み物を買って憂さ晴らしをすることもあるのだが、恵まれているように見える友達と実際に話してみると、みんなそれぞれもやもやしたものを抱えて生きていることがわかってびっくりする。

 

私の母に長年嫌がらせの手紙を送りつけてくる困った母の知り合いがいるのだが、彼女が株で数千万円すったという話を聞いて、数千万のお金がない周りの人たちはみんな唖然としていたらしい。お金があっても愛を知らない人は、獣のようになってしまう良い例だと思った。

 

例のコンビニが野菜を置いてくれているので、よくスーパーの代わりに野菜を買いに行くのだが、帰り道の道ばたに蟻が巣を作って働いていたり、雑草が力強く芽吹いていたりするのを見ると、なんだか救われたような気持ちになる。

 

今の状況から脱しなければ幸せになれないと、とにかく人は考えがちだが、結局あちこちで放浪してみると、どこへ行っても自分次第なのだと気づかされる。

 

けれども、故郷の地を放射能で汚されて帰れなかったり、仕事が成立しないという問題は、福島だけでなく、世界全体に広がっているのである。

 

簡単な解決策は、犠牲を知っても知らないふりをして別のことを考えることなのか。

 

仕方ないという言葉を聞くたびに、悲しい気持ちになってしまうのである。

 

孤高の惨めさ

f:id:yonyonchang:20210412205702j:image

 

駅前にある100円ショップで落書き帳を買った。厚紙のスケッチブックは嵩張るし、高いので、80枚紙が入っている子供用の落書き帳はコストパフォーマンスが良いと思ったのだ。

 


見ると、私が幼稚園児や小学生だった時に流行っていたキャラクターのグッズも100円ショップの棚に並んでいるので、ふと私の世代は100円ショップで主に買い物をするのだろうかと思った。安い品物を作るために、酷い労働環境で奴隷のように働かされている人々がいるはずなので、100円ショップで物を買うのが良いとも思えないが、倹約しないと野菜も薬も買えないし、保険も払えないので、こちらも致し方なく100円ショップを使う。

 


私の前に並んでいた高校生の女の子が、レジから離れたと思ったら、追加で買いたい物を持ってまたレジに戻ってきた。お菓子や文房具など、かなりの点数を買っていてびっくりした。

 


人身事故が起きたらしく、電車が上下線とも止まり、帰れない高校生達で駅前の広場が溢れている。私達が高くて買うのを諦めたパイナップルを持って、駅前のベンチに座っている高校生の男の子などもいて、今の高校生はお金持ちだなと思ってしまった。

 


だんだん格差が広がっていくと、中学校を出たら働くしかない家庭も増えていくだろうし、そうなると労働環境が悪くて給料も低い仕事しかできない。

 


私も中学校しか出ていないから、就職しようにもどこもまともに受け入れてはくれないのはいつも悩みの種である。それでも、恵まれた立場にいると自分でも思う。

 

 

 

本人が努力しないから負け組の人生を送らなくてはいけないのは当たり前だという事になっているが、家にお金がないために順風満帆な学生生活を送れない子はどんな思いで生きているのだろうか。

 


大学を出たからといって、生活できる額を稼げる訳でもない世の中になってきて、一体今までの努力は何なのだろうかと無力感に襲われて、鬱病になったり引きこもりになる若い人も増えている。

 


今日の人身事故も、誰かにっちもさっちもいかなくなった人が、人生に絶望して電車に飛び込んでしまったのではないだろうかとも考えた。

 


最近、ゆっくりだが、本を少し読めるようになってきたので、シモーヌ・ヴェイユの「重力と恩寵」を読み始めた。まだ全て読み終えていないが、哲学者でありながら女工として生涯厳しい労働に身をやつし、その仕事が原因で体調を崩して亡くなったヴェイユが、人知れず書いていたノートだという。

 


ヴェイユが今の時代に生きていて、ブログやSNSで発信して、他者と繋がっていたら、もしかしたらこのような発想には至らなかったかもしれないと思った。

 


現代では、神への信心深さと愛を貫くヴェイユの感性は、時代遅れに見えるかもしれないが、信仰を持たない私でも、ヴェイユの言う神の不在が神の存在を産み出すという話に考えさせられる。

 


神の不在があるからこそ、神の存在が確たるものとなる背景には、人間は社会の定義する幸せの条件や不幸の条件と、自らが感じる幸不幸は必ずしも一致しない事を心の奥深くで痛感している事実があると思う。

 


恵まれた立場にいるように見える人の心の闇や虚しさは本人にも説明できないのかもしれないし、苦しい労働を強いられて絶望している人の悲しみもまた、同じである。

 


自己啓発の本やセミナーが巷に溢れ、婚活すれば幸せになれる、子供がいれば幸せになれる、痩せれば幸せになれる、稼げるようになれば幸せになれる…と、「幸せを手に入れるためのノウハウ」をテーマに色々な商品が溢れているが、それだって言われた通りにしたら救われる訳ではない。

 


だが、存在しないものにはお金は払いたくないし、信心深さよりは形あるものの方がみんな欲しい。

 


私は無宗教なのでこんな事を言うのは変だが、形なき自分より大きな力を感じ取り、それを意味があるものとして畏敬の念を抱くというのは、生きる幸不幸の基準よりも普遍的な価値を持っているように思えもする。だが、それは拝金主義の社会では流行らない事は確かである。

 


欲しいものが買えなかったり、望んだ地域に住めなかったり、大きな家で豊かな暮らしをできないからといってそれを恨む人生は、経済の成長が理想とする幸せの形を手にできないから悔やんでいるという事とイコールになるのかもしれない。

 


徹底的に全てをもぎ取られて真空に陥らなければ恩寵を手にできないのではと問うヴェイユの精神は、ここでも社会の幸せの基準に抗っていたようにも思える。

 


私はここには居ない、消えたいと願う気持ちと、生きてここにいる現実の残酷さ。

 


豊かさとは何なのか、落書き帳を手に帰りながら考えていた。

 


花水木の花が、これでもかと誇るように咲いていた。

 

人と人との関わりの神秘

f:id:yonyonchang:20210410182734j:image


昔から、人の目を異様に気にする事があるかと思うと、突然周りから何を思われようと奇異な行動をしてしまう事の繰り返しをしている。

 


人の活動は他人から観たら、気になるものなのだろうが、地元で顔を知られると生活するのが面倒なので、近所の人との交流や地元の友達との付き合いというものはほぼ持たない。

 


じゃあどこで誰に会うかというと、東京に出向いたり、旅先で友達に会ったりする。

 


東京のデモに参加していた時は泊めてくれる友達もいたし、昔ダンスの映像を撮っていた友達も東京に住んでいるので、前までは東京に出向いて時々一緒にお茶を飲んでいた。

 


人と人とが関わると、面倒な事も起こるが、気心が知れた相手なら話していて楽しい。

 


けれども、この楽しいという感情はどこから湧いてくるのだろうか。

 


とにかく引っ込み思案な性格が強かった子供の頃は、独りで虫ばかり観て過ごした。今も虫が好きだが、道端で蟻の巣などを観ていると、みんな変な人がいるなという顔をして私を観ている。

 


子供達がこの人何を観てるんだろうと不思議そうにやってきて、私の覗き込んでいる蟻の巣を一緒に覗きに来た事もある。

 


変な大人は奇異なのである。

 


変な人として扱われるのはいつもの事なので慣れているのだが、警察に職務質問などされても面倒なので、道端で蟻を観るのは諦めた。

 


コロナ禍でどこにも行けないと、地元で用を済ませるしかないので、今まであまり散策してこなかった近所をふらふら散歩するようになった。

 


今は気軽に東京に行って友達に会えないのは残念だが、仕方がない。

 


花が咲く季節なので、桜やチューリップや花水木の花を観ながら歩いていると、長いこと出歩かなくて弱っていた足腰の筋肉が鍛えられる気がして、気分がいい。

 


最近はもっぱら電話やメールなどで人と連絡を取っているが、友達とのやり取りの中にも花の写真などが沢山出てくる。みんな暖かいメッセージを送ってきてくれるので、そういう時に生きていて良かったのかなあと感じるのだ。

 


男はつらいよシリーズの映画で、主人公寅次郎の甥っ子が、寅次郎こと叔父の寅さんに「人間って、なんのために生きているの?」と辛辣な質問をすると、一瞬寅さんは考えて、「ほら、あれじゃない?たまに、生きていて良かったなぁ〜と思う瞬間があるだろ?そのために生きているんだよ。」単純なような意見だが、非常に納得がいくシーンだった。

 


気持ちが暖かくなる写真と文章を友達と共有していて、ふと昔、一人暮らしをしていた時に友達が遊びに来た事を思い出した。

 


朝、友達の一人から小包が届いた。私の誕生日プレゼントを、送ってきてくれたのだ。私の誕生日はちょっと前だったが、ありがたくクッキーとコーヒーを受け取って、彼女にメールでお礼を言った。

 


人と人との関わりの神秘は、ただ親切心のやり取りだけが大切なのではなく、相手が存在する事に感謝する気持ちが尊いのかもしれない。

 


未だに私は人間関係が難しくて大人になりきれないのだが、存在に感謝する対象を拡げていけたらなあと常々思うのである。

 

 

 

 

 

 

 

期待と無心

f:id:yonyonchang:20210409211712j:image

 

f:id:yonyonchang:20210409211734j:image

 

 


近くの本屋に行った時に、幼稚園児らしい男の子が、お母さんにそろばんを使った計算ドリルの本が欲しいとねだっていた。お金に余裕がないのか、今できる事以外はさせる必要がないと思ったのか、そのお母さんは「こんなもの、わからないでしょ?小学生にならないとできないよ。ダメ!」と言って、買ってあげようとはしなかった。

 


子供がいたらいいなと私は思った事がないが、自分がもしも親の立場だったら、その計算ドリルを喜んで買ってあげるかもしれないとその時思った。

 


できないにしろすぐに飽きるにしろ、子供が小さいうちから勉強に興味を持っているなら良いと考えて判断している自分にはたと気づき、じゃあこれがゲームや玩具だったら顔を顰めてダメ!と言ってしまうのだろうかと考え直した。

 


子供に限らず、大人たちも非常に狭い範囲であれはダメ、これはダメという制約を課せられて生活している。ある程度真面目に働いて生活できないと不愉快な思いをする人が増えて社会が回らないから、当然と言えば当然なのだろうが、経済活動が環境を破壊したり、格差を広げる事は害悪のうちに入らない事になっている。

 


権力や富の前には、犠牲は致し方ないという発想に疑問を持たない事が、優秀な社会人の条件となってしまうのだろう。

 


計算ドリルに興味を持つ子供には喜んでドリルを買ってあげれば良いのにと考えた私も、狭いものの見方をする大人の一人だったが、その発想は蚊やゴキブリを殺す事は平気で犬や猫を殺すのは可哀想だと思う感覚の矛盾に似たものがあるのである。

 


自分たちの都合で道理が決まるのなら、社会のルールも価値観も極めて偏った基準で決められている面があるのかもしれないが、とにかく人の人生は生きづらい。

 


思った事を素直に表現する事は素直すぎて人を傷つけるから悪いのではなく、人を強い者の下で都合よく働かせて利益を上げる構造を壊してはいけないから悪とされるのだ。

 


どれだけ多くの人が、嘘で出来た社会の仕組みに対して不満を抱いているのかを知るのは容易なように見えるが、実は簡単ではないかもしれない。不満は口にしても、本当の意味で大きな組織に立ち向かおうとするエネルギーがある人はあまりいない。そうするためには、疑問を徹底的に追求しようとする探究心がないとできないからだ。

 


近くにある小さな店のギャラリースペースで、地域の絵画クラブの人たちが描いた絵の展覧会が開催されていたので見に行った。

 


ある男性の絵は、輪郭もなく大胆に絵の具をキャンバスに乗せて描かれていて、本当に個性がある。スイスに旅行に行った時の記憶を絵にしたようだ。

 


お店の人にその人への手紙を託したら、電話がきた。良い絵だと私達に言われて喜んでいた。

 


絵を描くと、輪郭の線を描いて綺麗に色を塗ってと教えられるが、彼は誰の言うことにも従わずに我が道を貫いて、独り異色の絵を描いているらしい。

 


周りの価値観に流されてしまいがちな私達には、そういう感覚が必要かもしれない。

 


期待は度が過ぎると媚びる原因になるが、無心は心を自由にしてくれる。

 


絵を観てから、ずっとそんな風に考えていた。

 


もしかしたら、私達は生きている限り自由の探求はできても自由にはなれないのかもしれないが、抗いは私の生き方に大きな影響を与えてくれると信じている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しみは新鮮さを失わない

f:id:yonyonchang:20210408230935j:image

 

 

 

何が私の本当の性格なのかよくわからない。最近、色々動けるようにはなったが、朝に鬱状態になる事が多く、よく落ち込んでいる。ポジティブさもネガティブさもどちらも本当の性格なのだろうが。

 


明るい人になったと人から言われる事もあるが、一日の大半はネガティブな事を考えて過ごしている。

 

 

 

それでも、人生の辛さを悲しんで世の中を憂いている人同士の心の触れ合いが、救いになる。

 


苦しみは鮮度を失わない。何回経験しても、あまり慣れない感情が苦しみだと思う。

 


物質的に満たされる事や、社会的に成功する事が直接幸せに繋がらない事も、よく考える。

 


身近な生活から気づきを得るために必要なのは、自分の感覚に耳を澄ませ、なるべく純粋な気持ちでいられるように努力する事かもしれない。

 


悪魔のような自分の一面は人や自分自身を傷つけて破壊しようとするかもしれないが、何か苦しみを感じる瞬間というのは限りない孤独や、人から見放されたような喪失感がそれらの原因になる。

 


言ってみれば人は孤独でありながら独りぼっちではない、不思議な生き物で、何かしら人の支えで生きているにも関わらず、差し伸べられた助けの手が見えない事も多いのだ。

 


今は人情のようなものも消えて、家族間でのコミュニケーションも希薄になって、携帯電話のみを頼りに生きる人も多いかもしれないが、遠くなった人との距離が携帯電話や電子メールの普及によって埋められているような時代である。

 


それだけに、生身の人と会い、話す時間というのは価値があるように感じる。

 


電話やメールで限られた内容だけ話すのとは違い、一緒にいて沈黙する時間や考える時間、共に歩く時間がくれるもの。

 


見聞きする風景や街の表情が、また違ったものに見えるのがいい。

 


よく母親と一緒に買い物に出かけるのだが、歳を取って腰が悪くなり、重い荷物が持てない母の代わりに私が荷物を持つ。

 


桜の季節には桜の木の下で花吹雪を浴びながらスーパーに行き、駅まで行く時には雑草が花をつけているのを観ながら雑談をして歩く。

 


辛いなと思っていても、それで少し辛さが和らぐ。

 


苦しみは鮮度を失わないと感じるが、人生は常に上り坂で荷物を持って上がっていくようなものだ。

 


あまり社交的な性格ではないので友達が多い訳でもないのだが、人に助けられて生きているのだなと痛感する。

 


人はなかなか本当の意味でへこたれずに生きるのが難しい。理屈だけでは気持ちは処理しきれず、負の感情に向き合うのはエネルギーがいるから、だんだん空元気を装って自分を騙すようになってしまうのだ。

 


心が素直であればあるほど、苦しみも一層強くなるかもしれないが、それだけ腐敗した世の中に立ち向かうためには純粋な苦しみが必要になってくるのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

挫折は悪い事なのか

f:id:yonyonchang:20210407212415j:image

 

f:id:yonyonchang:20210407212439j:image

 

 

 

 

 

 


コロナ禍の不況によって、職を失ったり、学校に行けなくなったりして苦しむ人が増えている。

 


挫折とは苦しい事なのだが、挫折を経験しない人生が本当に意味があるものなのかについてよく考える。

 


つい最近まで、あまり文章も書けず、本も読めず、映画も観る気力がなく、ただ家で寝ているだけという状態が続いていた。何も興味が湧かないので、携帯の画面を観ていたが、つまらなかった。

 


頭がボーっとする副作用のある薬を常用しなくてはいけないので、薬が新薬に切り替わるまで、怠くてやる気が起きない生活を3年くらい続けた。

 


途中で飲食店で働いたりもしたが、持病が悪化して辞めた。朝4時に起きて、夏の朝焼けの空を観ながら出勤するのは辛くもあり、幻想的な朝焼けの空に励まされる日々でもあった。

 


身体が辛いのは薬の副作用でもあるのだが、陽性症状が酷くなってくると今度は動き過ぎてしまい、被害妄想も激しくなるので、ほどほどの量で仕事を辞められたのは正解だったかもしれない。

 


薬を常用していると、車の運転もできないし、本も読めない、集中力がなくなる、手が攣る、物忘れが激しくなると、これだけで自分が駄目な人間になったような気持ちになるので、挫折と言えば挫折である。

 


見た目は健康そうに見えるらしいし、確かに精神障がい以外は血液検査をしても異常がないと言われるので、思うように働けないと言うと、新聞の集金に来る人や髪を切ってもらう美容師さんまで意外そうな顔をする。そこでも自分では頑張って生きているつもりでも周りからは怠け者に見えるのかなと落ち込んでしまう原因になる。

 


それも挫折というか、自己嫌悪に陥る要因だ。

 


そもそも幼稚園の頃からずっと集団に馴染めず、何かというといじめられてじっと我慢し、我慢できなくなると爆発して人に当たり、具合が悪くなる事の繰り返しで、いくつになっても同じ問題を繰り返している気がする。もちろん、私だけがいつも被害者なのではなく、人に対して攻撃的な態度を取ったりもしたので、自業自得の面はあるのだろう。

 


社会的に成功するとはどういう事なのだろう。友達が沢山いて、仕事が人よりもできて、家庭を持ち、お金を沢山稼いでいて、それなりに健康でいられたら、幸せだという事だろうか。

 


順風満帆のように思えても、心の隙間風のように忍び寄ってくる寂しさや虚しさは、もしかしたら人間にとって一番重要な感覚であって、無視しては生きられないものなのではないかと思う。

 


空っぽの自分を見つけると、何かが出来るから人生には意味がある訳でもないと感じ、ただひたすら自分が存在する事の残酷さに打ちひしがれるのだ。

 


手慰みにやっている事の数々は、寂しさを忘れるためにやってきた埋め合わせ、代償行為であり、仕事も勉強も遊びも、何もできない、何もしないという行為の前では全く無力なのだと気付かされる。誰もがそれで不安になる瞬間があるのだ。

 


私の祖母は、亡くなるまでの数年を、ほぼ寝たきりの状態で過ごした。パーキンソン病だったのだ。特養の施設の中で入れ歯を飲み込んでしまった時も、自力で何も訴える事もできず、叔父が気づいて病院に行くまでそのまま苦しいのを我慢していた。

 


声も出せず、寝返りもうてない生活をしながら、最後まで辛抱強く生きた。

 


気持ちが落ち込んだ時に、祖母の事を思い出す時がある。

 


私は辛抱強くもなく、努力が足りないかもしれないが、何もできないとは非常に意味があると思う事がある。

 


挫折する事は本当に悪い事なのだろうか。私は違うと思う。

 


挫折して苦しいのは主観であり、いかに人が周りの目を気にして不自由な生き方をしているのかと感じる。

 


多分、死ぬ直前にならないと気づけないかもしれない生きる意味も、常に感じる虚しさも、密やかに考えるネガティブな感情も、お金や社会的立場では測れない価値のある事なのだ。

 


そしてそれに気づける唯一のきっかけは、挫折する事なのかもしれない。

 

 

 

人件費

f:id:yonyonchang:20210406230348j:image

 

 

 

花水木が咲く中、駅近くの薬局まで、処方された薬を買いに行った。

 

暖かい日差しとは裏腹に風が冷たい中、てくてくと歩いて薬局まで行くと、中には会計をしている年配の女性と、薬剤師の女性数人がいた。

 

レジの前で、年配のお客さんの女性が金額に驚いて怒り始めた。2万円以上の金額になると言われたらしかった。

 

前はそんなに高くなかった筈だと言う女性と、すみませんと言いつつもあまり真剣に考えていないらしい薬剤師の女性と、押し問答が始まった。

 

もしかしたら保険適用から外された花粉症の薬の話なのだろうかとも思ったが、薬剤師の女性がよく調べてみると、やはり2万円以上という金額は間違いだったらしい。

 

立ち聞きするのも難なのだが、話し声が大きくて聞こえてきてしまうので、居た堪れなくなっていたら、私が会計に呼ばれたので、支払いをするために隣のレジへ行った。

 

私も会計時に金額が高くなっていないかと心配にもなったが、今まで通りの値段だったのでホッとした。

 

薬剤師の人達は、見たことのない若い顔触れが多く、ベテランらしい人達はもういなかった。

 

曜日によってシフトが違うのだから顔触れも違って当たり前だとも思うが、最近、どこに行っても非常勤や派遣らしい人が増えていて、なんだか確認しようとしてもみんなまごついている事が多い。

 

私も派遣の仕事を長くしてきて、体力の関係で単発や短期の仕事ばかり選んでいるので理解できるが、結構危険な仕事であっても、教えてくれるベテランの職員もあまりいない現場が多いし、そこで責任がとか言われても、慣れていない人にはその職場の中の事なんてまるでわからないので、まごつくだけになってしまうのだ。

 

自分でも単発や短期の仕事ばかり選んできているので、大きな事は言えないが、人件費を切り詰めていくうちにサービスの質も低下し、重大なミスや事故が起きるというのは容易に想像できる。

 

身内が10年の間、ある職場で働いてきたが、ある時、彼女がやっていた仕事そのものがなくなると職場に言われ、実際にはその仕事はなくなりようがないのに雇い止めになった事がある。

 

私もそこを使う事があるのだが、前は夜8時には残業を切り上げて帰っていたところが、夜の11時になっても明かりがついていてみんな残業させられていて、しかも仕事のミスが増えてきている。仕事に慣れていた職員をみんなクビにして、職場が廻らなくなってしまったらしい。

 

ベテランの職員がクビになった穴埋めの仕事をしてきた私と、その雇い止めになった身内の者、どちらも安泰な職が得られなかったのは一緒なのだが、日本全体がこうして沈没していくのかな、と思ってしまった。

 

ウーバーイーツなどのギグワークをする人も増えたが、そのギグワークによる事故も増えているのだろう。東京に行くと、車と接触しそうになりながら、ウーバーイーツの自転車が道路を走っている。

 

今はみんな働くために危険な想いをしてるよ、それができてこそ社会人だよと言われるのだが、それはなんだか現代の爆弾三勇士のようである。

 

怪我をしても労災として認められなかったり、病気になったり子供ができたりしたら雇い止めに遭ったり、生きる事は呪いのような性質を持っている事物である。

 

このままでいい筈がないとみんな思っているけれど、声を上げる事が憚られる気がしてしまう人が多いのは、なんとも悲劇だと思う。

 

強い者に抗う力よりは、声を上げる一人の市民に対する批難の力の方が強い。

 

悲しい気持ちになるが、確実に季節が移ろうのは、私にとって一縷の慰めであるし、花水木の花が咲き誇る道を歩くと、また頑張ろうという気持ちにもなれた。

 

人間は植物でも動物でも、なんでも意のままに生かしたり殺したりしているつもりだが、彼らが最終的に人間を超越していて、逆に慰めてくれる。それが非常に皮肉で、何とも素晴らしい事だと思う。

 

人が働くのは社会のためとか、自分のためとか、家族のためと思われがちだが、人間のみが生きている訳ではなく、誰もが思いやりを必要としている事は、もっと大切にされても良いとも感じるのだ。